おやつの必要性

おやつの必要性

愛犬を飼っているみなさんは、おやつをどのようにして与えていますか?ご褒美として、人間同様、おやつとして与えるのが一般的かと思います。
こちらでは、犬におやつって必要なの?おやつを与えるならどんなおやつ?などと疑問を抱いている方のために、おやつの必要性についてご紹介したいと思います。

 

【 おやつは必要? 】


ペットショップにはジャーキー、ビスケット、最近はケーキなどたくさんのおやつ類が並んでいますが、これらを発育途中の子犬に与えてはいけません。ほとんどが、成犬用として売られていることが多いからです。子犬には子犬用のおやつを与えてあげましょう。

 

しかし、たとえ成犬であっても、与える量には注意が必要です。ドッグフードの食いつき具合が低下するだけではなく、少食気味な子、おもに小型犬に至ってはドッグフードをほとんど食べなくなってしまうことも考えられます。また、おやつ類を与えすぎてしまうことで、栄養バランスが崩れ、肥満や内蔵疾患になる可能性もあり、それ以上に、偏食になってしまうこともあります。

 

年齢に合わせてドッグフードを与えたり、成犬用であれば、小さく切って与えるなど、うんちなどの状態をみて、考えながらあげる事を心がけましょう。しつけのご褒美としてのおやつは欠かせない物ですので、添加物の入っていない、無添加おやつを与える事と、与える量をきちんと管理する事がとても大切です。

 

【 与えるおやつ 】


愛犬に与えるおやつは、ドッグフード同様に原材料をしっかり確認しましょう。ドッグフードはこだわっても、おやつの素材にこだわらない飼い主さんも多いです。
しかし愛犬が口にするものなので、やはり安全で安心素材の無添加おやつを選ぶのが1番いいです。無添加おやつでも更に消化の良いものを選んであげて下さい。

 

以上が、おやつの必要性についてでした。おやつは与えすぎず、与える時には無添加おやつなどを与えるように心がけましょう。ペットフード同様、おやつも健康に大きく影響を及ぼすため、飼い主の気遣いが愛犬の健康に関わってきます。弊社でも、原材料100%の無添加おやつをご紹介していますので、ご検討してみてはいかがでしょうか。

 


エゾ鹿、本州鹿、生肉、骨 無添加おやつ お支払い方法、送料について 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせフォーム