鹿肉の特徴

鹿肉の特徴

みなさまもご存知のように、「お肉」には様々な種類があります。牛肉をはじめ、豚肉や鶏肉、馬肉など、その種類は豊富です。
その中でも、近年注目を集めているのが「鹿肉」であります。では鹿肉とは、どのようなお肉なのでしょうか?

 

【 鹿肉の特徴 】

鹿のお肉は、一般的に高タンパクで低脂肪という栄養学的特徴があります。さらに鉄分の含有量も非常に高く、このような特徴から、生活習慣病といった病気の予防につながる食品として注目を集めています。

 

鹿肉は、ヘモグロビンやミオグロビンといったヘム鉄を含むタンパク質を含有するため、ほかのお肉と比較して肉の色が濃い赤となるのが特徴的です。また、世間では鹿肉は「硬く匂いがきつい」という評価も多いようですが、これは血抜きが悪いなど処理方法に問題があることが原因であり、実際は柔らかく匂いが穏やかという特性があります。

 

【 日本においての鹿肉 】

日本において鹿肉の流通や消費は、ヨーロッパと比べると非常に少ないものでした。北海道では、ハンターによりエゾシカが捕獲され、個人的に食肉として利用されているに過ぎませんでした。
しかし、1990年代後半から2000年代になって、北海道にて増えすぎたエゾシカによる問題が顕著となり、このエゾシカを資源として利用しようとする取り組みが活発化していきます。

 

エゾシカ肉は、主にジンギスカンとして利用されることが多いですが、淡白でクセが少ないため、様々な味付けで煮物・焼肉などの料理として使われています。現在では、日本の各地で、貴重なタンパク質、また薬肉として、鹿肉が食料とされ始めてきています。

 

 

 


北海道 エゾ鹿肉 本州鹿、馬肉、鶏、無添加おやつ お支払い方法、送料について 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせフォーム