愛犬に与えてはいけない食べ物

愛犬に与えてはいけない食べ物

ワンちゃんは、とても可愛く我が子同然の存在です。そのため、ドッグフードだけでなく、手作りの食事を与えてあげる時もあるでしょう。
しかし、その中には愛犬に与えてはいけない食べ物もあるのです。では、どのようなものが犬に与えてはいけない食べ物なのでしょうか?

《 ネギ類(玉ネギ、長ネギ、ニラなど)》

玉ネギに含まれるアリルプロピルジスルファイドなどの成分が赤血球を破壊するため、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を引き起こします。その食べる量によっては、死に到ることもあるのです。
また、玉ネギを煮込んだスープなど、エキスが出ているものも危険ですので、注意が必要です。症状としては、胃腸障害、血尿、衰弱、心拍の増加が見られます。

 

《 カカオ類(チョコレート、ココアなど)》

カカオの成分であるデオブロミンが中枢神経を刺激する毒素となります。デオブロミンとは、カカオの香り成分の1つです。カカオ含有量の高いビターチョコほど、危険となりますが、ミルクチョコレートなどは、カカオ含有量が低いため、症状は出にくいです。ですが、量によっては危険を伴うため、与えるのは止めましょう。
症状としては、不整脈、心拍の増加、口の渇き、過剰な活動、痙攣、発作、嘔吐などがあります。

 

《 アボカド 》

アボカドに含まれるペルジンが、犬には毒となります。ペルジンは果実だけでなく、葉、種子、樹皮にも含まれています。
症状としては、嘔吐、下痢を含む胃腸の炎症、死亡の恐れがあります。これらの症状は、多量に摂取したときに発症しますので、気をつけましょう

 

《 レーズン、ブドウ 》

アメリカの調査機関により、犬には有害性があると認められました。同じ量を摂取しても、重い症状の出る犬もいれば、全く平気な犬もいるそうですが、臨床結果では有害である事が立証されているため、避けるべき食材といえるでしょう。
症状としては、摂取後2、3時間後から嘔吐、下痢、腹痛、3〜5日後に腎不全を起こします。

 

 

以上のものが、犬に与えてはいけない食べ物です。
他にも様々な、与えてはいけない食べ物はありますが、特に危険な食べ物を今回は挙げさせて頂きました。どうぞ、こちらを参考にして、ワンちゃんの普段の食生活に最新の注意を払ってください。

 

しかし、そのような注意を払っていても怖さを感じる方も、飼い主の中にはいることでしょう。そのような時は、どうぞ当ショップをご利用ください。当ショップでは、栄養満点の無添加ドッグフードをご用意しています。ワンちゃんの栄養や食の安全を考えた場合、最適なドッグフードとなっていますので、まずはお試しにお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

 


エゾ鹿、本州鹿、生肉、骨 無添加おやつ お支払い方法、送料について 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせフォーム