犬と猫の体の仕組みについて知ろう

犬と猫の体の仕組みを知ることで本当にいい食事をを選ぶことが出来ます

大切な家族の一員の犬や猫の体の仕組みについてご存知でしょうか?
人間と一緒の生活が長くなり 人間と同様に食事や生活習慣を考えがちになってきてますが 本来肉食動物の犬や猫と人間の体の構造は全く違うものです
ちなみに人間は雑食になります。草食動物と雑食性、肉食動物の腸の長さは大きく異なり、必要とする栄養素も変わってきます。
犬や猫は人間のように穀物(米、小麦、大豆、トウモロコシなど)は一切必要としません。逆に与えることによって、病気やアレルギーの原因になることが非常に多いので、食事の内容には気を付けましょう!

 

犬と猫の体の仕組み

 

犬や猫と人間の歯の構造は違います 人間は食べ物を飲み込む前に奥歯ですりつぶして消化吸収しやすい状態で口から腸へと入れて行きます
犬や猫はお肉を引き裂くための尖った歯はありますが 食べ物をすり潰すための歯はありません そのためほとんど丸のみしてしまいます

 

そのため犬や猫にとって 消化吸収の良し悪しはとても大切になってきます

 

人間と犬猫の腸の長さも全然違います 犬猫の腸の長さ 約5.7m 雑食・草食動物の腸の長さ 約40m(体長の約20倍) 犬や猫は腸が短い分 食べ物が胃や腸に留まる時間が短いのです 

 

それだけに短時間で消化吸収出来る食事を与えることがとても大切になってきます

 

肉食動物の犬や猫にとって穀物や植物性タンパク質の消化吸収は苦手です 消化吸収されなかった物はすべて便となって排出されます うんちの量も回数も多ければ それは栄養の吸収がうまくされてない証拠です

 

 動物性タンパク質は犬や猫にとって消化吸収がいい栄養素なのでうんちの量も回数も少なく健康うんちになります

 

当店で販売してる鹿肉は犬の祖先のオオカミがご馳走にしていた獲物です。
鹿を仕留めたオオカミが1番に食べる所は胃袋です。⇒生のグリーントライプがそれにあたります。
その次に内臓を食べます(ビタミン、ミネラル分が非常に豊富です)⇒内臓丸ごとMIXがそれにあたります。
そして最後に赤身肉、骨を食べます⇒赤身ぶつ切り、鹿骨がそれにあたります。

 

このように犬の祖先がご馳走にしていた鹿を丸ごと食べるのが犬にとっても本来の食事スタイルで、1番バランスよく栄養が摂れ、美味しい食事になります。

 

是非、犬本来の食事スタイルにしてあげて健康管理をしてあげましょう☆彡

 

 


北海道 エゾ鹿肉 本州鹿、馬肉、鶏、無添加おやつ お支払い方法、送料について 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせフォーム