犬の手作りごはん

犬の手作りごはんは鹿肉で簡単に出来ます。

犬の手作りごはんを作る時1番心配なことは、
栄養のバランスだと思います。
もちろんドッグフードのように保証分析値を出すことは、犬の手作りごはんでは無理ですが、
1日に必要な栄養素さえしっかり摂っていれば、正直そこまで細かく気にすることはありません。

 

まずは犬にとって必要な栄養をしっかり覚えましょう!

 

犬の手作りごはんで必要な栄養バランスは
動物性たんぱく質(鶏肉、鹿肉、魚など)7割  
その他3割 (お野菜、果物など、ビタミン補給が出来る物)

 

ここで犬の手作りごはんには穀物類、植物性の物は入れないことが重要になってきます。(米 麺類、小麦 大豆 パン トウモロコシなど)

 

犬の手作りごはんに、なぜ穀物や植物性たんぱく質を入れてはいけないかと言いますと・・・犬は本来肉食動物です。お肉などの動物性たんぱく質を食べるのに適した体をしています
逆に穀物や植物性たんぱく質を消化、分解することは非常に苦手です
最近多い犬のアレルギーは主に穀物、植物性たんぱく質が原因でなることが多いです。

 

また穀物は多く炭水化物を含みます。
炭水化物は犬に摂って太りやすくなる原因でもあります。

 

せっかく健康の為に犬の手作りごはんを作っていても、アレルギーになりやすい素材を入れたり、太りやすくなる食事では非常にもったいないです。

 

犬の手作りごはんの最適バランス

 

動物性たんぱく質(お肉、魚、卵など)7割  
その他3割(お野菜、果物など) 穀物はNG!

 

 犬の手作りごはんには鹿肉を使って簡単に出来ます!

 

実は犬の祖先であるオオカミは、鹿を獲物として捕獲して丸ごと1頭食べていました。現在の犬もオオカミと同様に肉食動物の体の作りになっており、必要とする栄養素はオオカミと何も変わってはいません。

 

ようは鹿1頭丸ごとには犬に必要な栄養素がすべて含まれているのです。
犬の手作りごはんを簡単に栄養バランスよく作るには鹿肉を使って、本来の食事スタイルを再現してあげればいいのです!

 

といっても丸ごと鹿1頭あげることは無理なので、どうするかと言いますと。。。
オオカミは鹿を捕獲した時に1番に内臓を食べていました。
次にお肉の部分です。
鹿の内臓は、非常にビタミン、ミネラルが豊富で、また鹿は他の動物よりも鉄分を多く含んでいます。
そして、鹿のお肉は、高たんぱく、低脂肪で非常にヘルシー
また犬にとって最高に美味しいお肉です。

 

このことを含め、犬の手作りご飯を鹿肉で簡単に作るには、
鹿肉の赤身肉に内臓を混ぜてあげること!です。

 

こちらは当店で販売してるエゾ鹿の内臓MIXです。見た目かなりグロテスクにも見えるかもしれませんが、これをあげると犬は大喜びします!そして内臓には多くの血液を含みますので、血液もたっぷり出ますが、酵素がしっかり入ってるので捨てずに手作りごはんにかけてあげてくださいね

 

こちらの内臓MIXはもちろん生であげれる鮮度が非常に高い鹿肉になっております。
最初生であげることに抵抗がある方は、ワンちゃんが慣れるまでは火を通してあげてください

 

鹿肉のあげ方についてはこちら

 

 犬の手作りごはんを鹿肉でバランスよくする方法!

鹿肉の赤み肉 9〜8割  鹿の内臓 1〜2割程度混ぜてあげる

 

こちら非常に簡単に犬の手作りごはんを作ることができる上に、美味しさも最高で、皮膚、被毛にも鹿肉は最高です!
是非、一度試してみてくださいね

 

 

 


北海道 エゾ鹿肉 本州鹿、馬肉、鶏、無添加おやつ お支払い方法、送料について 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせフォーム