エゾシカ肉の販売について。エゾシカ肉は最高品質です。

エゾシカ肉について。当店のエゾシカ肉は最高品質でご提供

当店で販売してるエゾシカ肉はジビエで主に東京の高級レストランに提供してるエゾシカをペット用として販売しております。ジビエに使われるエゾ鹿の部位はほとんど決まっており、ロース、ヒレ、などの高級部位になり、それ以外のエゾシカの部位を当店ではペット用として販売しております。ちなみに、犬にとってはロースが特別美味しいとか、栄養価が高いなどはありません。逆に犬は人間が食しない内臓部分が1番栄養もあり、美味しい部分なのです。

 

当店ののエゾシカ肉の特徴としまして以下のような

 

信頼のおける一流の契約ハンター様からのみ仕入れ
(中には素人レベルの方もいますし、無免許の方もいますので。。。)

 

 1. 頭か頸を1発で仕留めた鹿のみ使用
⇒かなりの技術がないと頭か顎は狙えません。またジビエ用のエゾシカは胴体に弾が当たったエゾ鹿は使えません。
胴体に弾が当たったエゾシカは肉質が悪くなる、弾の当たった場所によっては細菌が湧きやすくなる、細胞が壊死してしまう。血が体内に回ってしまうなど、エゾシカの肉質としては非常に悪くなります。
ですが、この胴体を撃ったエゾシカは安値で取引がされる為、ペット用として販売してるところが、ほとんどです。

 

 2. 仕留めた直後に、放血のみ(開腹はせずに)をおこなった鹿
⇒この血抜きという作業をしなければ臭みが残り、ジビエとしては全く使い物になりません。
主にペット用として販売して販売されてるエゾ鹿肉は、ほとんど血抜きがされていません。犬が食べるエゾシカなら生臭いままでもいいという考えも確かにありますが、エゾシカ肉を解凍した際のドリップ(血液)や水分、生臭さがあるため、品質としては落ちてしまいます。
当店のエゾシカ肉は解凍しても血や水分がほとんど出ずにベタっとした感じにはなりません。(内臓は別です)また鮮度もよく、血抜きもしてるので生臭い臭いもほとんどしません。

 

 3. 死後硬直の始まる前に搬入をおこなった鹿
(およそ2時間以内、到着時に死後硬直の確認)  
  
⇒2時間以内にエゾシカを解体処理場に運ぶ為には1頭ずつしか運べないため、何頭もエゾシカをまとめて打ち、数日後に解体処理場に運ぶハンターさんも多くいます。当然このようなエゾシカはジビエとしては使い物にならない為、ペット用鹿肉として回されることが、ほとんどです。言うまでもなく、このようなエゾシカの品質は最悪です。

 

という条件を明確に定めた鹿のみを厳選して仕入れ、鮮度の高いエゾシカ肉のみを選定しております。              

 

厳選して仕入れた鹿肉を、徹底した温度・湿度管理の下、ファンで風を送り空気を循環させる状態で時間をかけてゆっくりと肉の水分を蒸発させて熟成し、肉自体が持つ酵素等の働きによって肉質が柔らかく変化させるドライエイジングを施工致します。
このような条件下で仕入れ、管理され美味しさを更に高めた鹿肉になります。
エゾシカ肉が美味しい猟期に仕入れした鹿肉を管理しショックフリーザーにて保存するため、年間通して美味しいエゾシカ肉を提供いたします。
(最大氷結晶生成温度帯を素早く通過し、水分を素早く結晶化させることで細胞組織の破壊を防ぎ、冷凍時に本来生じる食品の品質劣化を防ぐ急速冷凍にて凍結いたします。)ショックフリーザーにて凍結いたしました製品は、細胞組織が破壊されていないため、解凍時に旨味成分であるドリップがほとんど発生しません。この結果、旨味成分が流れ出さないのでみずみずしさや味、食感、見栄えを冷凍前と変わらない状態で保存可能となっております。

 

※ショックフリーザー。。。急速に−40度まで凍結させる特殊な機械です。エゾシカはもともと菌が湧きにくい清浄肉と言われておりますが、このショックフリーザーを使うことで菌が居たとしても完全に死滅させることが出来ます。現在日本でペット用として販売してる所で、このショックフリーザーを使用してるところは、ほとんどないのでは?と言われております。

 

写真のエゾシカ肉は当店で販売してるぶつ切りタイプに使っているお肉です。
見ていただいてわかるように、非常に綺麗なエゾシカ肉で、解凍してもベタっとならずに、写真のままの状態を維持出来ます。

 

 

当店のエゾシカ肉は非常にこだわりを持ってエゾシカ肉を扱ってる北海道のエゾシカ肉業者より、ご自宅に直送させて頂きます。
ペット用エゾシカ肉として、日本1の鮮度、品質だと自信をもって言えるエゾシカ肉です!

 

是非、愛犬にも当店のエゾシカ肉をあげてみてください。喜び方が違いますよ!

 

 

 

 


エゾ鹿、本州鹿、生肉、骨 無添加おやつ お支払い方法、送料について 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせフォーム