鹿肉ドッグフード、進捗状況

鹿肉ドッグフード、進捗状況報告〜

鹿肉ドッグフード、プロジェクトに参加していただいたワンちゃんの紹介です!今回はこちらのワンちゃん達と飼い主様で、あれこれといい食材を探して鹿肉ドッグフードを作っていってます。

 

☆ 現在は鹿肉ドッグフードの原材料の栄養バランスを考えての構成を最終調整中です。

 

今決まってるのは当店で販売してる本州鹿肉をたっぷり使用する
ドッグフードには珍しい生肉を使用します。また鹿の内臓も栄養が豊富なので入れることに決まりました!

 

鹿肉は当然1フローズン(1回しか冷凍してない物のこと、2フローズン、3フローズンと何度も冷凍、解凍を繰り返したお肉は品質も栄養もどんどん悪くなります)の鮮度抜群の鹿肉を使用します。1フローズンの鹿肉を使用してるドッグフードは非常に珍しく貴重で、またワンちゃんにとっては、アレルギーの原因になるヒスタミンが出ないことから、非常に低アレルギー性のドッグフードになります。

 

※ヒスタミンとは。。。鹿肉に限らず鶏肉、羊、牛肉など鮮度が悪くなったお肉からはヒスタミンという物質が発生してしまいます。
実はあまり知られていないのですが、犬のアレルギーはこのヒスタミンが1番の原因になっております。
市販されてるドッグフードで鮮度のいい1フローズンの生肉を使っているとこが、ほとんどない為、このヒスタミンが発生したお肉をドッグフードに使用してるとこがほとんどです。

 

☆ 今回は鹿肉だけではなく鮮度のいいお魚も入れる予定です。
魚は当然犬に必要な良質な動物性たんぱく質でチロリンというアミノ酸を含みます。これは総合栄養食にするには必須の栄養素になること、、また魚を入れることでワンちゃんの食いつきも良くなるということで検討してる食材です。

 

☆ 今回は毎日食べる鹿肉ドッグフードを作ることから、ニンジンやキャベツなどの菜野菜、緑黄色野菜の使用は止めました!
鹿肉はカロテンを多く含むお肉なので、緑黄色野菜に含まれるカロテンを摂取することで、カロテンの過剰摂取になること、またキャベツなどの菜野菜はグルコシノレートが多すぎて消化不良の原因になる為、ドッグフードを作るには不向きな食材なので今回は使用は控えました!

 

人間にはいいニンジンやキャベツなどは犬にとっては毎日食べることで体に負担をかけてしまいます。手作り食の方は毎日あげるのは控えましょうね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


エゾ鹿、本州鹿、生肉、骨 無添加おやつ お支払い方法、送料について 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせフォーム